アキリコ リーグ League ビジネスシューズ ローファー 【新品、本物、当店在庫だから安心】 対応 ワイズEEEE 24cm~27cm プレーントゥ 2145円 [アキリコ] リーグ League ビジネスシューズ ローファー ワイズEEEE プレーントゥ 24cm~27cm 対応 シューズ&バッグ メンズ シューズ 2145円 [アキリコ] リーグ League ビジネスシューズ ローファー ワイズEEEE プレーントゥ 24cm~27cm 対応 シューズ&バッグ メンズ シューズ アキリコ リーグ League ビジネスシューズ ローファー 【新品、本物、当店在庫だから安心】 対応 ワイズEEEE 24cm~27cm プレーントゥ 24cm~27cm,リーグ,ローファー,ビジネスシューズ,プレーントゥ,/hellandite411702.html,ワイズEEEE,シューズ&バッグ , メンズ , シューズ,[アキリコ],League,drabtofaborganizing.com,2145円,対応 24cm~27cm,リーグ,ローファー,ビジネスシューズ,プレーントゥ,/hellandite411702.html,ワイズEEEE,シューズ&バッグ , メンズ , シューズ,[アキリコ],League,drabtofaborganizing.com,2145円,対応

アキリコ リーグ League ビジネスシューズ ローファー 新品 本物 当店在庫だから安心 対応 ワイズEEEE 24cm~27cm 【高品質】 プレーントゥ

[アキリコ] リーグ League ビジネスシューズ ローファー ワイズEEEE プレーントゥ 24cm~27cm 対応

2145円

[アキリコ] リーグ League ビジネスシューズ ローファー ワイズEEEE プレーントゥ 24cm~27cm 対応


商品の説明

fd8370fd8370

[アキリコ] リーグ League ビジネスシューズ ローファー ワイズEEEE プレーントゥ 24cm~27cm 対応

アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

  • 2022年3月14日

    『アニメーション研究』第20巻第2号、第21巻第1、2号と、『Animation: An Interdisciplinary Journal』第14巻第3号から第16巻第3号の論文情報を追加。

  • 2020年2月14日

    トップページに検索窓と更新履歴の設置。『アニメーション研究』第20巻第1号と、『Animation: An Interdisciplinary Journal』第14巻第1号、第2号の論文情報を追加。4件の推薦文献リストとそれに伴う新規文献の追加。

全て見る

実写のフォトリアルな映画をアニメーションから分ける要素のひとつは線である。線とは、アイデアもしくはグラフィック的な表象として以外の実在を持たない、概念上のメタ対象である。線はフォトリアルな映画には必須ではない。ドイツのアニメーション作家ライムント・クルメが手がけたヒルトン・ホテルのためのテレビ広告5本を例として用いつつ、この論文は、アニメーション化された1本の二次元的な線に内在する逆説について問う。線はそのとき、抽象的・幾何学的構造物であり、同時に、エナジーとエントロピーのエキセントリックな視覚化でもあるのだ。クルメのアニメーションが強調するのは(たとえそれが広告キャンペーンであっても)、線が動くとき、それは決して「モノ」ではなく、差延を意図し表示するということ、そして線の幾何学が示唆する以上に常に偶然生を有し、生を生きるということである。

韓国のアニメーションは、1990年代の後半より文化産業の観点から認知されはじめ、そのことはアニメーションにおける様々な方向への多彩な変化に影響を与えた。政府の支援やポリシー、韓国のアニメーション構造強化するための関連組織の設立、メディアにおける多彩な変化の要求に対応するための産業の制作システムの変化、アニメーション制作における多角的な技術、大学における集中的な教育といったものは、アニメーションのインフラストラクチャーや短編制作を強化した。とりわけここでポイントとなるのは、アニメーションが放映される窓が、DMB放送の開始による画期的な変化を体験しているということである。

この論文は、アニメーションの実践と理論における二つの注目すべき声、出口丈人と山村浩二との対話である。東京で行なわれたこの対話は、脱中心化を通じた拡張という概念を、アニメーションの主題およびそれが語られる場所という二つの観点から追うことになる。脱中心化は、同世代の(アニメーションも含む)芸術作品に対する我々の理解が、社会政治的な背景の変容や拡張を通じていかに形成、解体、再構築されているのかという観点から考察される。アニメの分野におけるレイヤーの進化を理解するため、複雑さとハイブリッド性に言及しつつ、出口氏と山村氏との対話は、とりわけ実験作品の地位、社会変化、制度的なもの、非=歴史(不完全な歴史の理解の表明)などをめぐる質疑応答となっている。実験と時代的破裂とのあいだの、社会、制度、伝統的意見におけるドローイングとその変容中の状況とのあいだの、もしくは社会的情緒とアニメーション固有の質とのあいだのつながりが見出される。この記事を締める対話の結論には、将来的な研究テーマを新たに切り開いていくのに価値ある意見が含まれていることだろう。

全て見る
ジョルジュ・シフィアノス

「基本」というものが何かを言うのは難しい(私にとって? 皆にとって? 現在? それともオールタイム?)。「基本」が何かというのは文脈によって決定されるわけだし、すべての文脈は同じではない。私は常に、違うソースから採ってきたアイデアを組み合わせてきた。「アニメーションに直接関係する文献でなくてもよい」という注意書きがあったので、私個人がお気に入りで、私におって参照すべきと思われた本も含めている。

ガルブレイス、パトリック

これは、日本におけるファン世界に関する議論に貢献する10冊の英語版書籍のリストである。このリストには研究論文や編纂された論文集も含まれる。そのうちほとんどは、人物について、また人物とメディアや資料とのかかわり、または日本でのファン世界の社会的側面に焦点を当てている。そのうち何冊かは日本を飛び越え、世界の中の日本のメディアと資料に関わるファンの行動を研究している。将来的には、これらの文献は、ファン世界に関する日本語版書籍および研究分野としてのファン研究とのより明示的で持続的な対話をもたらし、言語、学問、分野などの境界を越える可能性がある。

横田正夫
全て見る
全て見る
全て見る
全て見る